一般乗用旅客自動車運送事業・一般貸切旅客自動車運送事業

安全管理の取り組み

  • HOME »
  • 安全管理の取り組み

矢吹交通の安全管理の取り組み

バス事業部での取り組み

弊社では、経営トップから現場まで一丸となり、安全対策に取り組んでおります。

構築した安全管理体制は、PDCAサイクルにより継続的に改善を進め、安全性の向上を図っております。又、グループ会社との相互協力により、矢吹交通グループ全体での安全性向上と成長に努めております。

1.輸送の安全に関する基本的な方針

(1) 組織・従業員が活性化する為の企業風土を構築し、安全に関する知識を高め、関係法令を遵守し、安全・安心な輸送を図る。

(2) 安全マネジメントに関する取組みを年度毎に構築し、PDCAサイクルを徹底することにより、事故の未然防止に努める。

輸送の安全に関する計画の策定・実行・チェック・改善(Plan・Do・Check・Act)を確実に実施し、安全対策を不断に見直し、全従業員が一丸となって業務を遂行することにより、当社は絶えず輸送の安全の向上に努める。

代表取締役 舘 秀幸

2.乗務員への指導・研修

年度毎に指導教育計画を策定し、緊急時の対応訓練やドライブレコーダーの映像を活用した研修を行っています。

救急救命講習

ドライブレコーダーの映像を活用した研修

3.乗務員の健康管理

定期健康診断を始め、乗務員には日頃の始業時及び終業時に検温と血圧測定を実施しております。又、SAS(睡眠時無呼吸症候群)検査や脳健診等も積極的に受信させており、その結果を踏まえ管理職との面談を行うことで、健康管理の把握に努めております。

管理職との面談

検温・血圧測定

4.厳正な点呼の実施

始業時及び終業時には、カメラ付きアルコール検知器を使用してアルコールチェックを行い、健康状態、運行内容を確認して、点呼を実施しております。

アルコール検知器

5.事故防止への取り組み

月に1度の車両点検等を行い、管理職が立会うことで、注意喚起を行っております。

点検作業①

点検作業②

6.重大事故発生時の対応訓練

『重大事故・事件発生時対応マニュアル』を作成し、定期的に訓練を行っております。

訓練風景①

訓練風景②

7.安全装備への設備投資

安全性向上の為に、車両への設備投資も積極的に行っております。

衝突被害軽減ブレーキ装置

ドライバー異常時対応システム

8.輸送の安全に関する組織体系と指揮命令系統

組織図

9.行政処分の公表

平成28年

平成30年

10.安全報告書の公表

2019年度

Translate:

PAGETOP
Copyright © 有限会社矢吹タクシー/矢吹交通 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Translate »